セノビックに含まれる栄養素

セノビックには、いちごミルク味や抹茶味など、子どもが大好きな5種類の味があります。(抹茶味など期間限定のものも人気です)それぞれ、子供の成長に繋がる成分が入っています。
共通で入っている成分から、セノビックがどのような効果があるのか、みていきたいと思います。
セノビック4つの成長成分

・成長に大切な栄養素を含んだ卵から生まれたボーンペップ「卵黄ペプチド」配合
・骨や歯を形成する「カルシウム」
・カルシウムの吸収を促進「ビタミンD」
・赤血球をつくる「鉄」

 

セノビック

 

成長期のお子さまをお持ちの方へ

 

セノビックの特徴成分:ボーンペップ

あまり聞きなれない成分かと思います。ボーンペップとは卵黄から見つかった、ペプチドたんぱく質となります。発見されたきっかけは、ニワトリの卵からひよこに変わることに着目した事が始まりだそうです。

 

温めると卵からひよこへと変化するとき、何か成長を施している栄養素があるのでは?と研究が始まりました。
その後、卵黄の中にあるペプチドが骨に作用することが分かり、骨のboneとペプチドのpeptideからボーンペップと呼ばれるようになったそうです。

ボーンペップの成長作用

ボーンペップには骨の成長を助ける働きがあるとされています。主に2つの作用があります。

1つ目は、骨を成長させる骨芽細胞を活性化させる働きをします。
2つ目は、骨を壊す破骨細胞を抑制する働きがあります。

骨の破壊を防ぎ、さらに骨の成長を施す効果のあるボーンペップ。そこへカルシウムを一緒にとると、さらなる効果が期待できるそうです。なので牛乳と一緒に撮ることにもうなずけます。

 

骨の成長だけでなく、丈夫さも上がるため、骨粗鬆症など骨の病気を予防する効果も高いです。

セノビック公式サイト

 

特徴成分:カルシウム+ビタミンD

カルシウムとビタミンDは鉄板のコンビです。まずはカルシウムから見ていきましょう。
カルシウムが大事な栄養素ということは、周知の事実ですが、現代人に全く足りていないの事が現状です。理由としまして、単純に摂取量が不足している&そもそも吸収力が高くない、ということが挙げられます。

 

ここでカルシウムの吸収を引き上げてくれる、ビタミンDが活躍してくれます。
食事からとったカルシウムはまず、小腸の上部で吸収されます。このとき、ビタミンDがカルシウムの吸収を助けます。その後、カルシウムは骨へ吸収されるのですが、そこでもビタミンDが吸収を施します。

ビタミンDは摂取しにくい

ビタミンDが不足している方は非常に多いのですが、その原因の1つに摂取のしにくさが挙げられます。

 

原因1:太陽光を浴びる機会が少ない

実はビタミンDは食事のほかに、太陽の光を浴びることで合成されるのです。現代は紫外線を避ける習慣が完全に定着し、太陽光を避ける方がほとんどだと思います。そもそもの当たっている時間が少ないのです。
さらにビタミンDを作るには条件がありまして、服の上からだと生成されません。さらに窓ごしでもダメなんです。なので長袖長ズボンの場合ですと、ほとんど合成されず、ビタミンD不足になることも頷けます

 

原因2:ビタミンDを含む食品が少ない

さらには食事からビタミンDを摂取しようとしても、含んでいる食材が少なく、(キノコ類や魚類に少し含まれます)サプリメントで補うことが一般的です。

 

セノビック

 

成長期のお子さまをお持ちの方へ

 

特徴成分:鉄

身長には直接関係ないのですが、貴重な栄養素である、鉄も配合されています。
鉄は、運動機能、体温保持機能、免疫機能などに影響し、特に子供の場合注目すべきは、鉄分の不足により、脳の発達に支障をきたすことがある!ということです。
鉄はレバーやしじみなど様々な食品に入っています。

 

特徴成分から考えるセノビックの効果!
セノビックはカルシウムとボーンペップの同時摂取によって、効率よく子供の身長を伸ばすことに特化された食品だと言えると思います。

 

その他の成分

それではその他にも、重要な成分がたくさん配合されていますので、各成分について解説します。

ミルクペプチド

ミルクペプチドはミルクココア味に配合されています。牛乳由来のたんぱく質で、3つのアミノ酸(メチオニン、リジン、プロリン)からなるペプチドを含んでいます。

乳清プロテイン

カップのヨーグルトを開けた際に、上の方に白っぽい液体があるかと思います。それが乳清になります。特徴としてはとても吸収が速く、筋肉などの材料になりやすいことです。

各種ビタミン

ビタミンB1

糖質の代謝を促進します。炭水化物をエネルギーに変える働きに必須となる栄養素です。また、脳神経の正常化をサポートする働きもあります。不足すると、疲れがたまったり、イライラや不安感がでます。

ビタミンB2

脂質の代謝を促進し、皮膚・粘膜・爪などの細胞の再生に深く関与します。
エネルギッシュで、たくさん活動する人ほど、ビタミンB2は必要になります。

ナイアシン 

B郡ビタミンのひとつです。糖質・脂質・タンパク質からエネルギーを産生する際に働く酸化還元酵素の補酵素として働きます。代謝に必要不可欠な栄養素です。不足すると、ペラグラという欠乏症になる恐れがあります。

ビタミンC

ビタミンCは風邪予防や、ストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くするなど幅広い効果をもちます。
さらに、抗酸化作用もあり、活性酸素から体を守る働きをしてくれ、動脈硬化や心疾患の予防にも効果的です。

ビタミンE

体内の脂質の酸化を防ぎ、細胞膜の老化や、血中コレステロールの異常や動脈硬化を防ぎます。 
また、毛細血管を拡張し血流を促進する効果も期待できます。

ビタミンK

脂溶性ビタミンのひとつです。
ケガなどで出血した際、血液を固めて止血する効果があります。さらに、骨の健康にも不可欠と言われており、骨粗鬆症の治療にも使われています。

 

セノビック公式サイト

 

まとめ

子供の成長をテーマにしてるので、それに合った各種ビタミンや有効成分が多いです。セノビックは味の違いによって、成分も多少変わるのですが、共通栄養のボーンペップが子供の成長を促進してくれそうです。
サプリメントが苦手なお子さんでも、牛乳に溶かして美味しく飲めることもロングセラー商品ならではだと思います。
普段の食事に加えて、足りてない栄養素を補えていきたいですね!